面皰の治療をするときの注意点として、面皰を素早く治そうとして、膿を必ず手でつぶして出して治そうと思っている人が多いといわれていますが、これは絶対にやってはいけない面皰治療の方法だ。

おとな面皰ができたからといって、この方法で面皰を必ずつぶして、中の膿や芯を出してしまうと、確かに、面皰の主力がつぶれて、早く癒えるような気がしますが、必ずつぶす結果、人肌に傷がついてその部分に細菌が入ってしまって、グングン悪化させて仕舞う可能性があるのです。

つぶしたことがあるお客は知るかもしれませんが、毛孔からかなりの膿が出てきたり、芯が出てきます。

これは毛孔から膿を必ず押しだいておる状態にすぎませんから、この状態を放置しておけば、またその部分に新しい細菌が入ってしまって、グングン悪化してしまいます。

表皮科へ行けば、専用のスポーツマシーンを使って毛孔に落とし穴をあけて膿を出して治療をするという施策もとられているケースがありますが、これは、専用の診療スポーツマシーンによっていますから、普通人が手にする感じではありません。

ですから、自分の家で爪で表皮をタイミングずつけて中の膿を現すという方法で面皰治療をするようなことのないように注意しましょう。

そして注意点としては、面皰が出来ている場合には、メーキャップはなるたけ控えた方がいいかも知れませんね。

メーキャップをしてしまうと、その部分にメーキャップの余計な油が入ってしまって、悪化させることになりますので注意が必要です。